LINE森川代表、韓国諜報機関からの通信傍受を否定

LINE

 LINE株式会社の森川代表は、LINEの通信が傍受されているとの報道に対し、公式ブログにて反論。報道内容を否定しました。

 それによれば、LINEはシステム内外の通信ネットワーク上、「国際基準を満たした最高レベルの暗号技術を使って通信されてい」るため、「傍受は実行上不可能」とのこと。

 また、中国IT大手のテンセントにユーザーの個人情報が漏洩したとする内容に関しても否定しました。

スクリーンショット 2014-06-19 00.53.33

 昨日、総合情報誌FACTAは、LINEの通信内容は韓国の国家情報院に傍受されており、欧州にデータが送信されていることを韓国政府のサイバーセキュリティ関係者が明かしたと報じ、波紋を呼んでいました。

LINE傍受疑惑の最新情報

この記事にコメントする

comments powered by Disqus