LINE社員のアカウント売買疑惑、LINE側が否定

LINE

 LINEのアカウントが乗っ取られ、その乗っ取られたアカウントがやや不自然な日本語でiTunesカードを経由した送金を促してくるというケースが多数報告されています。

 こうしたアカウント乗っ取りについて、国内Twitterユーザーが、乗っ取り犯に直接中国語で問いただしたところ、犯人は中国に在住しており、LINEの社員がアカウントを売買しているとの回答が返ってきました。

 

 これについて、ITMediaによると、LINEは「中国にはLINEの拠点はないので、そのようなことは不可能」として否定。中国市場への展開は韓国にある子会社(LINE Plus Corporation)が行っているそうです。

 LINE傍受疑惑を含め、ここまで重要な問題とされているのは、今や1企業の運営するに過ぎない「スマホアプリ」が、我が国のライフラインと化しているからと言えるのかもしれません。PINコードの設定やパスワードのこまめな変更といった自衛措置で対処せざるを得ないのが現状です。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus