iOS 8の省電力術:「バッテリー使用状況」から電池食いアプリを列挙

 iPhone / iPadでは、できることはどんどん増えていますが、バッテリー容量は大して変わっていません。iPhone 6 / 6 Plusでも、画面サイズの大型化に伴うバッテリー消費増大に合わせて、相応のサイズにはなったものの、まだまだ電池持ちを気にしなくていいという状況には及ばなそうです。

 そこで、iOS 8から実行できるTipsとして、覚えておきたいのが「バッテリーの使用状況」です。これまでとは異なり、iOS 8では「どのアプリケーションが電池を多く消耗しているのか?」を確認可能です。表示方法は、「設定→一般→使用状況→バッテリーの使用状況」より。

2014-09-22 13.39.27

 端末の使用時間と、使用していない待機時間や、アプリごとに何%バッテリーを消費しているのか確認可能。このような機能はAndroidで提供されてきましたが、iOSでも使えるようになったのは便利なところです。

 これで想像以上に電池を消耗しているアプリがあれば、ホーム画面上でアプリアイコンを長押ししてアンインストールしたり、代替アプリをインストールすることでバッテリー持続時間を伸ばすことができます。

 その他、iOS 7以降のOSでの細かい節電術はこちらの記事もどうぞ。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus