NTTドコモが「ドコモ光」を発表、光回線とケータイをセットで提供へ、ソフトバンクも追従

 NTTドコモは、2014年度第2四半期の決算説明会にて、新サービス「ドコモ光」を2015年2月から提供する予定であることを明らかにしました。

docomohikari1

 携帯電話大手各社は、他社ユーザーの乗り換えや自社ユーザーの囲い込みで熾烈な獲得競争を繰り広げていますが、その中でKDDIが提供する固定回線とのセット割引サービス「auスマートバリュー」は一定の成果を挙げており、ドコモとソフトバンクモバイルは対策を迫られていました。これまでドコモは電気通信事業法の存在が枷となり同様のサービスが提供できませんでしたが、NTT東西の光回線卸売が容認されたことによってようやく対抗サービスが提供されることと相成りました。

 具体的な料金体系などは発表されていませんが、「ドコモ光パック」という形で新料金プランとのセットで提供されること、シェアパックの上位プランになるほど割引額が大きいことが明らかにされています。

docomohikari2docomohikari3

 一方、格安ではあるものの時代遅れの感もあるADSLとのセットを提供したり、割引条件があまりにも厳しい「スマート値引き」を一部地域で提供したり、かと思ったら突然サービスを終了したり、と固定回線とのセット割引では迷走を続けている感のあるソフトバンクですが、こちらもドコモに続いて光回線サービスの提供を発表しました。こちらも具体的な料金などは一切不明であるものの、NTT東西の光回線を使ったブロードバンドサービスであることと、ケータイとのセット割引サービスが提供される予定であるとされています。タイミングからして、ドコモの動きに追従したものだと思われます。

 かねてより登場は予想されていましたが、ようやくの発表となりました。SIMロック解除の義務化と併せて、来年はケータイ各社の競争内容にも大きな変化が起こりそうな雰囲気です。ユーザーにとってのメリットが大きいものになることを期待したいですが、さてどうなるか。注目です。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus