中国、やっと「グーグルプレイ」解禁か?

china-gov

 Googleがアプリストア「Google Play」を中国でも展開すると複数のメディアが報じました。最初にこれを報じたのは業界筋のリークで有名な「The Information」で、その内容を追認するかのように、別の情報源にもとづいて米紙ウォール・ストリート・ジャーナルが同様の内容を報じています。

 Google PlayはGoogleがAndroid向けに提供しているアプリや映像、ゲームの販売窓口。Googleは中国政府からの検閲を嫌い、2010年に中国本土から撤退して香港にその本拠地を移し、中国本土向けサービスを香港から提供しているため、中国版Google Playは存在しません。このため中国で正規に販売されるAndroid端末には、Google Playはインストールされていません。

google-play

 The Informationの情報源いわく、Googleは昨年から中国政府に認可を求めて協議中とのこと。

 また、ウォール・ストリート・ジャーナルの情報源によれば、中国でGoogle Playを展開する場合、ユーザー識別や決済手段を提供してくれる中国企業との提携が不可欠になるとのことで、課題は多そうです。以前の報道では、HuaweiやZTE、現地携帯キャリアと協力を検討していると伝えられていました。

 もしGoogleが中国本土にGoogle Playを展開できるとなれば、有料のアプリとコンテンツの販売が可能となります。Googleにとって、Play Storeは急速な成長を遂げている事業であり、中国市場で収益を上げたいというのが本音でしょう。

 さらに中国の消費者にとっても嬉しいのはもちろん、アプリ開発者が中国本土の多数のユーザーに有料アプリの販売が可能になるなど、メリットの大きい話であり、あとは中国政府の判断次第といったところなのでしょう。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus