中国シャオミィ、インドで販売禁止に。特許侵害判決により

xiaomi-mi3-china-smartphone

 インドの裁判所が中国メーカーXiaomi(小米科技)製端末の販売を一定期間禁止する判決を出しました。現地紙エコノミックタイムズ、英ロイター紙が報じています。

 スウェーデンの通信機器メーカーEricssonが、3G、EDGE、ARM関連の技術において、特許侵害を主張しており、ライセンス料の支払いを求めて法的措置をとったことによるもの。デリー高等裁判所は、2月5日までXiaomi製端末の輸入と販売を停止する判決を出しました。

 小米科技はインド市場にて、今年7月からオンライン小売業者Flipkart.comの独占販売が開始されています。同業者は司法機関の指示に従う姿勢を見せています。

 インドは世界第三位のスマートフォン市場であり、Xiaomiは2015年にインドでの1億台出荷を豪語しており、判決は大きな痛手となりそうです。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus