ソフトバンクのペッパーくんを蹴った男、器物損壊容疑で逮捕。

pepper

 共同通信が報じるところによると、神奈川県警は、SoftBankが開発した人型の感情認識ロボットPepperを蹴って破損させた「器物損壊」容疑で、横須賀市在住の60歳無職男性を現行犯逮捕したとのこと。

 被害に遭ったのは、同市内のソフトバンク横須賀店で勤務中だったPepper。男は当時酔っており、(人間の)店員の態度が気に入らなかったことから、犯行に及んだそうです。

 Pepperは、SB子会社のソフトバンクロボティクスと仏アルデバラン・ロボティクスが共同開発し、台湾鴻海が製造、海外進出を中国Alibabaがサポートする国際色豊かな世界初の「感情認識パーソナルロボット」です。

 SoftBankショップで接客用に配備されているほか、みずほ銀行等での勤務や、テレビCMで白戸家の一員として出演露出したり、時給1500円の派遣バイトを行っていることで知られていますが、勤務中に、「暴行傷害」ならぬ「器物損壊」の被害を受けたとの報道は今回が初となります。事件当時、Pepperくんが一体どんな感情を抱いたのか、興味深いところです。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus