パナソニック、通話機能を削除したLUMIX CM10発表。上り無制限SIMで写真上げ放題

panasonic-lumix-cm10

 Panasonicは、デジタルカメラ「LUMIX DMC-CM10」を発表しました。2015年に数量限定で販売されたCM1の後継機で、値段はオープン価格。普及機の位置づけであり、CM1よりも安くなる見込み。発売日は2月25日。

 センサーは1型高感度MOS、2010万画素、大口径の28mm F2.8 LEICA DC ELMARITレンズを搭載。重量は203g。

 CM1と比べて、CM10はストラップホールあり、出荷時からAndroid 5.0搭載、音声通話機能が省略となっています。外観はあまり変わっていませんが、レンズ周りのカバーは黒色に変更。

lumix-cm10

 W-CDMA / LTE通信モデムを内蔵したSIMフリーデジカメであり、どこでも通信可能。Androidアプリをインストールすれば各種クラウドやSNSをシームレスに利用可能です。

OS Android 5.0 Lollipop
CPU  Qualcomm Snapdragon 801 2.3 GHz クアッドコアプロセッサ
メモリ  2GB
ストレージ  16GB, microSDカードスロット
 ディスプレイ 4.7インチFHD(1920×1080)
カメラ  20メガピクセル, 1インチMOSセンサー, 35mm版換算28mm, 
解放F値2.8, ライカ DC Emarit Lens, RAW画像/4K動画撮影
 バッテリー 2600 mAh 
寸法 135.4×68×21.1mm
重量 203g
4G FDD LTE B1/3/4/5/7/8/20 Category 4
3G W-CDMA 1/4/5/8
2G GSM 850/900/1800/1900
その他  NFC, SIMフリー, Wi-Fi

 Panasonic自ら、LUMIX CM専用プランとして、Wonderlink LTE Lシリーズを提供。上り通信速度制限がないのが最大の特徴。写真の高速なアップロードがし放題です。容量3GB/5GBプランの2種類。以下税別。

  • L-3Gプラン:初期費用:3000円/月額料金: 1480円
  • L-5Gプラン:初期費用:3000円/月額料金: 1980円

 上り下りの通信量が計3GB/5GBに達すると、下りにのみ通信制限がかかります。月間通信量とは別に、3日1GB制限もありますが、こちらも下りには通信制限は掛かりません。CMシリーズ専用のプランであるため、他機種では利用不可。発売時期は2016年2月下旬。

 キャリアを通さず、メーカー自ら、ぴったりのSIMカードまで用意して販売するというのは、本当に夢のような時代ですね。

 通話機能は削除されていますが、このカテゴリの製品には必要性が薄いですし、コスト削減のためにも妥当な判断だと思います。

 ただ、実のところ、通話機能削除はコストの問題ではなく、シャッター音の問題が大きいのではないかと思います。携帯電話のシャッター音を鳴らすことを義務付ける極めて珍しい法律が日本にはあるからです。子供の寝顔や動物を撮ろうと思えばシャッター音は邪魔であり、カメラであるからには消せるのが当然です。デジカメとしての価値を守りたかったのではないでしょうか。(前機種はできていたはずですが、まあ、本来あまりよろしくはないはずなので)

 [訂正] 法規制ではなく各社の自主規制のようです。お詫びして訂正いたします。

 余談ですが、欧州ではカメラとビデオカメラで輸入関税が異なるというのもあり、Panasonicはビデオカメラとしてみなされないよう、カメラの動画撮影時間を最大30分に制限するという例があります。通話機能削除も、国ごとの事情に合わせたというのが背景にあるかもしれませんね。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus