SIMフリー版iPhoneが一斉値下げ。その理由は円高か、それとも……? すまほん!!

iphone-se5

 Appleは、Apple StoreにおいてSIMフリー版iPhone SEの価格を値下げしました。全容量それぞれ、およそ5千円程度安くなっています。

  • 16GBモデル:4万7800円 (消費税込5万1624円)
  • 64GBモデル:5万9800円 (消費税込6万4584円)

 さらにSIMフリー版iPhone 6s / 6s Plusの価格はおよそ6千円~9千円、SIMフリー版iPhone 6 / 6 Plusもおよそ7千円~9千円下がっています。ちなみに購入から14日以内なら差額請求可能

 これまでiPhoneを取り扱う携帯各社は、日本におけるSIMフリー版の価格と、遜色ない程度の値付けをしてきました。現時点では各社これに追従する動きはないものの、今後何らかの値引きやキャンペーンを打つ可能性はあります。

 iPhone SEは、販売開始直後から需要に供給が追いついていない状況でしたので、決して「売れていないから値下げした」というわけではなさそうです。

 理由は2つ考えられます。1つ目は、まずは為替レート。単純に昨今の円高を反映したのではないかという可能性です。

 2つ目は、総務省介入の影響という可能性です。Appleは携帯各社に過酷な販売ノルマを課しており、これまで携帯各社は既存ユーザーの通信料を原資に、iPhoneを「実質価格」と「キャッシュバック」で叩き売ってきました。しかし、その両者に行政のメスが入ることで、携帯各社は廉価販売を自粛しつつあります。これで携帯各社はAppleからの安売りの要求を、「お上にやめろと言われている」と跳ね除ける免罪符を手に入れたとも言えます。キャリア版iPhoneの販売数は減ることが予想されます。

 一方で、SIMフリー市場は堅調で伸びしろを見せています。SIMフリー版iPhoneを低価格で販売して、波に乗ることで、減少必至のキャリア販売数を補填する、という目論見もあるかもしれません。

 今回の値下げにより、SIMフリー版iPhoneを購入するかどうか迷っていた人にとっては朗報と言えそうです。

 ちなみにiPhone SEを購入するなら、複数台使いこなしているような玄人を除いて、基本的には64GBモデルがおすすめです。

こんな記事も読まれています

iOS15発表。2015年発売のiPhone 6sもアプデ対象に

povo、eSIMを3月23日から提供開始。ただしauから移行は「夏以降」

携帯4社、iPhone 12/mini紫の予約受付を開始

5G対応の「iPhone SE Plus」が登場する?

噂:これマジ?iPhone SE 3はiPhone XRベースで「側面指紋認証」搭載か!?

国内事業者初の「5G国際ローミング」、ソフトバンクが開始

噂:指紋認証と5Gに対応した「iPhone SE 3」、2022年春登場か。