安全なはずのGalaxy Note 7交換品、また発火。

01_Galaxy-Note7_black

 Samsungは、Galaxy Note 7について相次ぐ新たな事件事故について、CPSCと連携して原因特定の調査を迅速に行うと声明を出しました。安全性の問題が判明した場合にはCPSCと連携して対応を行うとしています。

 これは既にリコール対象となっているGalaxy Note 7だけではなく、リコール後もなお、Samsungが改善済みであると主張している「交換品」も含まれます。交換されたNote 7が次々と発火・発煙事故を起こしているのです。今回の声明は、これらについての声明です。

 先週にはアメリカのサウスウェスト航空の機内で発煙して乗員乗客が全員脱出する事件が発生。該当個体がAT&Tの正規店で交換された「交換品」であったことから、AT&TはGalaxy Note 7の完全な販売終了を検討しています。

 ケンタッキー州では男性と妻が寝ていたところ、男性のNote 7が発火。部屋中に煙が充満し、男性は緊急入院。急性気管支炎と診断されました。

SAMSUNG28

(持ち主を急性気管支炎にしたNote 7 画像出典:WKYT)

 発火後を見る限り、黒焦げになっている場所はバッテリー部分です。これはリコール前に多発していた事件事故のNote 7とよく似ています。

 米国では、政府安全当局による「第2のリコール」が検討中です。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus