グーグル、HTCのスマホ事業を一部買収。ピクセル部隊を接収へ

 

google-buy-pixel

 Googleは、HTCと新たな契約を締結しました。契約に伴い、GoogleはHTCに11億ドルの資金を供与します。

 かつてのMotorola買収の時のようなものではなく、あくまでもHTCの一部をGoogleに出向させる契約になるとのこと。HTCの知的財産権に関する非独占的ライセンスも含まれます。工場の設備などをGoogle側に差し出すものではありません。

 GoogleサイドからはMotorolaの元CEOであり、Googleの現ハードウェアSVPであるRick Osterloh氏がこの契約を発表しています。HTCからGoogle側に加わる社員たちは、Pixelスマートフォンを開発していた人員であるとのこと。

 Google PixelスマートフォンはHTCが製造を担当しています。Pixelスマートフォンは高い評価を得ていました。HTCが苦境のまま倒れることがあれば、Googleの事業計画にも支障が出かねません。

 HTCの優秀な人材を迎え入れ、より強固な開発チームにすることで、Googleは自社スマートフォンや独自SoC、機械学習コプロセッサの開発をうまく進めることができるでしょう。HTCとしても苦境からの立て直しを図るチャンスとなります。