ヤマダ電機、ビットコイン決済を試験導入へ

yamada-denki-logo

 ヤマダ電機は、仮想通貨ビットコイン決済サービスの試験導入を明らかにしました。

 まずは東京都内の2店舗、LABI新宿東口館と東京駅Concept LABI TOKYOからスタート。この試験導入の結果を受けて拡大を検討するとしています。

 導入する決済システムは業界大手のbitFlyerのものを採用するとしています。決済限度額は、1会計につき30万円相当のBTCまで。

 ビットコインは仮想通貨における基軸通貨とみなされており、BTC決済対応の店舗は増加しつつあります。家電量販店としてはビックカメラが先行してBTC決済を導入済み。

 一方で、現時点ではトランザクション数にマイニングが追いついておらず、トランザクションが詰まっており、取引手数料が高騰。ボラティリティーも大きいことから、ゲーム配信大手SteamなどはBTC決済を中止しています。

国内最安手数料、無料口座開設

Bitbankに登録