窮地の国策企業ジャパンディスプレイ、中台出資に?2020年のiPhoneは全機種有機ELに

iphone-xs-max-x

 米紙The Wall Street Journalは、Appleが2020年の全iPhoneに有機ELを採用すると報じました。情報源はiPhoneの生産に詳しい情報筋。

 有機ELは素子単位で発光することで、豊かな色彩表現、特に黒の表現力に優れます。さらにバックライトを必要としないことから、薄型化や曲面など筐体設計にも好都合な方式です。

Sponsored Links

 現在、Appleはフラッグシップ級のiOSスマートフォン「iPhone XS」「iPhone XS Max」に有機ELを、その普及用モデル「iPhone XR」に液晶を採用しています。

iphone-xs-max-xr

 Appleが液晶を採用しないことで大きな打撃を受けるのがJDI(ジャパンディスプレイ)です。JDIのスマートフォン向け事業は好調とは言えず、期待のiPhone XRも、予想より売れていない状況で、依然として苦境にあります。

Japan_Display_logo.svg

 

 JDIは、SONY・東芝・日立などのディスプレイ部門を結集した国策企業。経済産業省と政府系ファンド産業革新機構の傘下であることから、経営の意思決定の遅さが指摘されています。SamsungやLGは依然として強力で、さらに中国BOEも躍進。いずれも有機ELに力を入れています。SHARPもモバイル向け有機ELを開発し、外販も視野にしつつまずは自社のAQUOS zeroに搭載するなど、業界の有機ELシフトの流れがあるわけですが、JDIは追いつけておらず、もし2020年までにJDIの液晶が不要となるのであれば、影響は甚大です。

 WSJ報道によると、台湾TPKや中国政府系ファンド「シルクロード基金(丝绸之路基金)」がJDIの株式を取得、JDI取締役会の過半数を占める可能性があり、経産省も容認する構えであるとのこと。経産省主導・官製ファンドの案件が失敗するのはよくある話なのであまり驚きはありませんが、日の丸液晶と呼ばれたJDIも、いよいよ陥落でしょうか。

silk-road-fund-japan-display-jdi-tpk

Sponsored Links

 AppleがOLEDに完全移行する、JDIが外資に支援を求めるという情報はこれが初出というわけではなく、以前もWSJが報じており、今回の報道は続報となります。以前、2019年に有機EL完全移行との噂もありましたが、これはアナリストが否定しており、現在は2020年説が有力と見られています。

 Appleの2019年iOSスマートフォンのラインナップは6.1型液晶機・5.8型OLED機・6.5型OLED機の3種類になると伝えられています。