最悪のタイミング。アップル、香港市民の安全確保アプリを削除 すまほん!!

 英BBCは、香港市民の抗議デモと警察の位置を表示するアプリをAppleが削除したと報じました。

 該当アプリは「HKmap Live」。Telegramから情報を収集して、警察がパトロールしているスポットや催涙ガス展開エリアをユーザーに表示するもの。デモ参加者の安全確保や、警察を回避する方法として活用されてきました。

 Appleはアプリ開発者に対して「法執行機関を回避できる」「非合法活動を奨励する」と通知し、アプリを削除したといいます。

 国慶節を迎えた一方で抗議活動の収まらない香港情勢に業を煮やしている中国共産党からの正式な要求であるのか、それともAppleが香港よりも中国大陸でのビジネスを優先して忖度したのかは不明。

Sponsored Links

 アプリ開発者は、これは検閲ではなく官僚的な決定だとまだ信じている、情報収集するためのアプリであり違法行為の推奨ではない、といいます。

 香港情勢はより一層緊迫化しており、高校生が香港警察に胸を銃で撃たれたばかり。この情勢下、このタイミングで、香港市民が自身の命を守るためのアプリをAppleが削除したことは、大きな議論を呼びそうです。

 このアプリは、Android版がGoogle Playストアで展開中で、Googleはこのアプリを削除していません。Androidユーザーは引き続き利用することができます。また、iOSユーザーはSafari経由でWeb版を利用する手段が残されています。