販売冷え込み対策?Galaxy S10 Lite、発売目前か すまほん!!

 91mobileからのリークによると、Samsungは12月にGalaxy S10 Lite、Galaxy Note10 Liteをインドで発売する予定であるとのことです。

 SamMobileが行ったアンケート調査によると、ミッドレンジのGalaxyにSペンが搭載されたら買うか?というものです。およそ半数が購入を希望していることがわかることから、Note10 Liteを発売することは理にかなっていることがわかります。 ここで述べられているGalaxy Note10 Liteに関するうわさはあまりないものの、Galaxy S10 Liteに関するうわさはそれなりに聞かれるようになってきました。

 Galaxy S10 LiteとされるSM-G770FがFCCのデータベースから見ることができるようになりました。FCCのデータには45Wの急速充電、幅75mm、microSDカードのサポート、6.69インチの画面サイズなどが記載されています。




Sponsored Links

 SamMobileの情報筋によると、Galaxy S10 LiteはGalaxy A91と仕様を共有しており、地域によって別の名称で呼ばれる可能性があるとのことです。

 SamMobileはGalaxy A91のスペックを明らかにしており、8GBの実行メモリ、128GBの内蔵ストレージ、Snapdragon 855などにより構成され、4500mAhのバッテリーを搭載、カラーにはブラック、ホワイト、ブルーが採用される予定とのことです。

 インドでは、およそ8万9000円で、12月19日に発売される予定です。Galaxy S10eよりもはるかに高価ですね。S10とS11の間の販売が冷え込む時期を少なくするためのフラッグシップという位置づけとなるのでしょうか?今後の情報に注目です。