iPhone 12シリーズ4機種の詳細仕様がリーク!容量/カメラ/価格/画面/リフレッシュレート すまほん!!

 今年発売されるiPhone 12シリーズの一部のモデルは、120Hz駆動のディスプレイを搭載することになるかもしれません。情報源は、海外メディアXDA-developersのライター、Max Weinbach氏。

 同氏によると、iPhone 12 Pro・iPhone 12 Pro Maxの二機種は、120Hz駆動のPro Motionディスプレイを搭載するということです。この120Hz駆動のPro Motionディスプレイは、2017年以降のiPad Proにも搭載されているものです。

 通常のスマートフォンのリフレッシュレートは60Hzなので、リフレッシュレートが120Hzとなると、二倍滑らかに描写することができるようになります。一方でリフレッシュレートが上がると僅かに電気消費量も上昇してしまうため、AppleのPro Motionシステムでは、表示するコンテンツによって60Hzと120Hzを切り替えられるようになるとのこと。

Sponsored Link

 また、iPhone 12シリーズは5G通信にも対応すると予測されていますが、5G通信も電力消費量が増えることになります。そのため今年展開されるiPhone 12シリーズはバッテリー容量を増えることになるとも、予測されています。

 Appleは今年、iPhone SEの他に、4つのiPhoneを投入すると言われていますが、120Hz駆動のディスプレイを搭載するのは、前述した上位モデルのiPhone 12 Pro・iPhone 12 Pro Maxの2機種のみになるようです。

(左からiPhone 12 / 12 Max / 12 Pro Max / 12 Pro, 出典:EverythingApplePro

 その他に、iPhone 12シリーズに搭載されることになるA14 Bionicチップは、スマホに組み込まれるチップとして初めての5nmプロセスのチップになるとみられています。この5nmプロセスのチップを搭載することで、パフォーマンスに加えて、電力消費効率も改善することができるとみられています。

 また、第2世代iPhone SEのリリース日について、Max Weinbach氏と同じ日付を予想し、的中させたJon Prosser氏によると、次期iPhone 12シリーズのスペックは以下の通り。

Sponsored Link
  画面 メモリ チップ カメラ 価格
iPhone 12
アルミ筐体
5.4型OLED
BOE製

4GB A14, 5G 二眼 128GB:$649
256GB:$749
iPhone 12 Max
アルミ筐体
6.1型OLED
BOE製
4GB A14, 5G 二眼 128GB:$749
256GB:$849
iPhone 12 Pro
ステンレス鋼
6.1型OLED 
Samsung製
120Hz
6GB A14, 5G 三眼
+LiDAR
128GB:$999
256GB:$1099
512GB:$1299
iPhone 12 Pro Max
ステンレス鋼
6.7型OLED
Samsung製
120Hz
6GB A14, 5G 三眼
+LiDAR
128GB:$1099
256GB:$1199
512GB:$1399

 iPhone 12シリーズは2020年秋以降に正式発表される見通しです。


スマホで予約、自宅に届く。iPhone購入はキャリア公式サイト
docomoオンラインショップ auオンラインショップ SoftBankオンラインショップ