シャープ大英断。SIMフリー版AQUOS zero2が「Android 11 開発者版」を導入可能に! すまほん!!

 やるじゃんSHARP!

 SHARPは、開発者向け情報として、Android 11 Developer Preview Program for AQUOSを公開しました。

 SIMフリー版のAQUOS zero2 SH-M13向けに、Android 11 Developer Preview Programをダウンロード可能となっています。導入には公式サイトからSHARP共通ADB USBドライバ、Android SDK Platform Tools、Android 11 Developer Preview書換えキットが必要。

Sponsored Link

 あくまで開発中のβソフトウェアであり、Android 11の最終バージョンではありません。指紋認証センサーとFeliCaは利用不可、書き換えた後の端末修理は保証期間内であっても有償となるのは注意。

 素晴らしい取り組みです。これにより開発者は、本機を用いてアプリをいち早く新しいOSバージョンへと対応することが可能となります。

 以前、日本ではリファレンス機の不在と技適のせいでAndroidアプリ開発者がまともに開発できないという状況が危惧されていました。現在はPixelの日本市場投入と試験利用の特例制度が始まったことで、なんとか解決の道がひらけました。

 今回、SHARPがDeveloper PreviewのSIMフリーハイエンドスマホ向けソフトウェアを提供したことで、開発者はさらに多くの選択肢を手に入れ、より安心してAndroidの開発を続けることができます。

 昔の黎明期には「ろくにアップデートできない国産スマホの中のひとつ」であったSHARPのスマホですが、最近では「2年間に最低でも1回以上のOSバージョンアップ」や「3年間のセキュリティ更新」をメーカーが公約しています。

AQUOSスマートフォンをオンラインで購入する。(解説
ドコモ au SB Y! UQ 楽天