Xperiaに続く。中国Vivoが「Zeissロゴ」を冠する新スマホ投入へ すまほん!!

 独光学メーカーZeissは、中国のスマートフォンメーカーVivoとの提携を明らかにしました。

 提携内容の詳細への言及は避けつつ、今後「Vivoと共にクリエイティブなことをできるようにする」製品を投入していくとのこと。

 Sonyのスマートフォン「Xperia 1 II」も、Zeiss T*コーティングを施し、背面カメラにZeiss T*ロゴを冠しています。

 Vivoは中国SNS微博(Weibo)にて、2020年末にvivo X60を投入することを明らかにしており、以下の添付された発表予告画像内の機体レンダリングには、Zeissロゴの存在が確認できます。

 Vario-Tessarの刻印も確認できることから、望遠カメラでのZeiss光学技術使用の可能性も伺えます。

 vivo X60シリーズは、噂ではvivo X60ProとvivoX60 Pro+の派生モデルが存在し、そのうちの少なくとも一つはSamsungの最新の5nmチップセットExynos 1080や潜望鏡望遠カメラを搭載、シリーズは12月29日にもリリースされると伝えられています。

こんな記事も読まれています

Vivo X70/X70 Pro中国版はSoC更新なし?ただしカメラ画像処理チップV1搭載かも

Vivo X70 ProがGeekbench上に登場。

Vivo X70シリーズ、9月9日に発表か

Exynos 1080搭載、Vivo X60/Pro正式発表

Vivo X70シリーズのリーク。高精度再現画像も登場