写真で見よう「Galaxy S21シリーズ」ハンズオン!どれも質感良すぎだわ! すまほん!!

 SamsungはGalaxy S21 Series 5G 記者発表会を開催、同日に記者向けの新製品体験会を開催しました。

 日本国内の大手携帯事業者NTT docomoとKDDI向けに、Galaxy S21シリーズ3モデルをお披露目。

 auから販売されるのはGalaxy S21とGalaxy S21+。

(au 左からS21 3色、S21+ 2色)

 ドコモから販売されるのはGalaxy S21 Ultra。

(ドコモ 左からS21 3色、S21 Ultra 2色)

 今回ドコモ初のGalaxy Ultra。S20 Ultraとは異なり、S21 UltraではしっかりFeliCaを搭載。ブラックの質感が非常にいい感じ。

(au版と異なりドコモ版は真ん中にキャリアロゴでやや気になる感じ)

 Silverも角度、光の具合で表情が変わりつつもけっこう上品。いい色かと思います。

 別売りのS-Penも利用可能。S-Penは本体には内蔵不可。ただしS-Penを内蔵できるケースは海外にあり。海外準拠でいうとケースとS-Penあわせて価格はおよそ1万円程度とのこと。日本で出る時に多少価格は変わり得ますが、「S21 UltraをNote的に使いたい」と思ってる人は、プラス1万円ぐらいの出費は最低でも覚悟しておけばok。

 S21 Ultraは唯一無二の3倍光学望遠+10倍光学望遠を組み合わせたスペースズームが可能。この凄まじい威力よ。

 こちらはS21シリーズ共通のAI消しゴム。Photoshop的な賢い処理が標準機能でささっと使えるのは驚き。

 こちらはGalaxy S21+。カラーはS21 Ultra風。

 Galaxy S21は国際版のレビューの時点でわかっていたことではありますがVioletが印象深くていい感じ。このゴールドとパープルの組み合わせ、素晴らしい。

 意外と良かったのがPhantom White。プラスチックではあるはずですが決して安っぽさを感じさせない上質な表面の加工処理。これ非常にさわり心地がいいので実機を触る機会があればぜひ。長く使うと汚れ等は大丈夫かなと若干思います。

 S21 Ultraはエッジディスプレイであるのに対し、S21/S21+は一周回ってトレンドのフラットディスプレイ。

 Galaxy S21シリーズ全体に言えるのは、どれも非常に質感が高く素晴らしいということ。スペックやソフトウェアの完成度では既にS20でも高かったのですが、やはりハイエンドモデルは所有する喜び、高級感もあってこそ。

 個人的にはGalaxy S20シリーズの不満は「カラバリが非常に微妙……」という点。海外だともう少しだけ色展開が多かったりもしたのですが、国内版はなおさらパッとしない感じ。商用5G開始でGalaxyを買うと決めていて、Galaxy自体は自分の中でも評価が高く、S20で間違いないと心に決めていたのに、どの色にも全く心が動かない。色が微妙すぎて20分ぐらいショップで悩んだの、S20が初めてです……。

 ところが今回はパープルとゴールドの組み合わせが絶妙なVioletが、カラバリにかなり良い印象を与えてますし、UltraもBlackはマットになりつつセンスのいいSilverも加わって、どれも良い。え、なにこれ、どの色買えばいいの?どれも良すぎて困るんだが?というレベル。

 S20から代わり映えが少ないというのが一般的な評価になろうかと思いますが、個人的には、自分が大事にしている「ときめき、所有欲」みたいなものは、S21の方が断然高いと感じました。

 とはいえ筆者はS20が現役すぎる上にGalaxy Z Fold2を使っているし、Z Fold3も気になるので、買うまでには至らないものの、今スマホを買い換えるタイミングの人には「これ!是非これチェックして!」と強く言いたくなる、そんな機種ですね。

NTT docomoの最新端末をチェック。
ドコモオンラインショップ
KDDIの最新端末をチェック
au Online Shop

(既発表済み 本日発売 Galaxy 5G Mobile Wi-Fi)