中国政府、「違法」情報収集のスマホアプリ100種以上に改善命令 すまほん!!

 中国「快科技」によると、中国・国家互聯網信息(インターネット情報)弁公室は、ショート動画の抖音(TikTok)、快手、検索エンジンの搜狗搜索やブラウザなどスマートフォンアプリ105種について、個人情報の違法収集・使用があるとして、これらアプリの運営会社に対して改善命令を下しました。

 今回発覚した件について、アプリ運営会社は当該命令から15営業日以内に改善を完了しなければ、関連法規にもとづき処分がなされるとのこと。

 最近、アプリによる個人情報の違法な取得、範囲を超えた収集などに対する一般ユーザーからの不満が高まっているのを受け、国家互聯網信息弁公室では、ショート動画、ブラウザ、求職サイト等、公衆に大量使用される一部アプリによる個人情報収集状況について調査を進めていたそうです。

 アプリの個人情報収集はどこまで許されるのかが問題としてあり、かつ中国アプリについては権限外部分からの情報取得で炎上したり、ついでに「情報を中国政府に提供している」というイメージもあったりしますが、個人情報の違法収集は普通に政府から怒られるようです。

こんな記事も読まれています

中国政府、「ゲームは1日1時間」にガチ規制で株価大暴落!背景には「親の民意」?

シャオミへの米政府「制裁」執行停止、他の中国企業も「行政訴訟」検討

日本政府、中国企業機器「排除」の方針は取らず。武田総務大臣

ソニー、2年連続で同じ「中国歴史地雷」を踏んで炎上、謝罪