大手メインブランド初!「eSIM」をソフトバンクが提供開始、利用まで「最短1時間」に すまほん!!

 待望のeSIM来た!

 ソフトバンクは、スマートフォン向けのeSIM(組み込み式SIM)の提供を、2021年7月14日から開始したと発表しました。

 従来の物理型SIMカードには、加入者識別情報が記録されていますが、これを遠隔で書き込めるようにしたのがeSIMです。

 申込みはeKYC(オンライン本人確認システム)を利用。物理SIMカードの発送も不要に。オンラインショップにてeSIMで新規契約を申し込むと、SIMカードの到着を待つ必要なく、最短1時間ほどで通信サービスを利用開始できるといいます。利用にはeSIM対応機種が必要。

 eSIM発行は有料。新規契約、機種変更、eSIM再発行には事務手数料3300円が必要。既に物理SIMで契約中の既存顧客は、店頭での有料のeSIMへの切り替えも可能。

 なお、オンラインショップ、My SoftBankにてeSIM発行を手続きした場合、事務手数料は無料とのこと。既にeSIMで先行するLINEMOとY!mobileもオンラインでのeSIM発行は無料となっているので、これに合わせてきた形です。

 大手三社はeSIMに消極的で、KDDIはpovoのみで提供。ドコモのahamoに至っては現時点で未提供。大手各社メインブランドでスマートフォン一般利用者向けにeSIMを開放したのがSoftBankが初となります。これでSoftBankはメインブランド、サブブランドのY!mobile / LINEMOでもeSIMを選択できるようになりました。

 ちなみにUQ mobileは6月開催の新サービス発表会にて、eSIMについて前向きに検討中であることを明かしています。

SoftBankの最新端末をチェック。
SoftBankオンラインショップ
オンラインショップでY!mobileを契約。(解説
Y!mobileオンラインショップ

こんな記事も読まれています

上級者でもハマる、LINEMO「eSIM」の罠

IIJmioが新料金「ギガプラン」発表!容量2GB、eSIM「400円」音声「780円」から

未来な「eSIM」の夢をブチ壊す。povoの衝撃ロートル仕様「電話手続き必須、夜8時まで」、驚愕のサービス実態とは

ワイモバ、eSIM導入!背景に政府意向も?

Y!mobile、データ容量の翌月繰越。さらにデータ増量「自動化」で強力な布陣に

UQ mobile、本日よりeSIM開始!