Pixel 7/7 Pro、試作機がまとめてハンズオンされる すまほん!!

 これまでも実機写真が多く投稿されたり、eBayに出品されたりするなど、リーク情報に尽きないPixel 7シリーズですが、海外のYoutubeチャンネルであるUnbox Therapyは、Pixel 7および7 Proを入手、Pixel 6 /6 Proと比較した動画を公開しました。

 同氏が紹介したのはPixel 7/7 Proと現行Pixel 6/6 Proの計4機種。同紙が入手したPixel 7/7 Proはプロトタイプで、一部のソフトウェアは実行できないようです。また、これまでの試作機通り、背面のGoogleロゴは開発機であることを示す独特なロゴ。

 いずれの機種も本体色はオブシディアンで統一しており、違いが分かりやすくなっています。

 Pixel 7がチラ見せされたタイミングではその丸っこいカメラバンプに違和感しか感じませんでしたが、意外と見慣れてくるものですね。

 Phone Arenaによると、これまでに伝えられていた通り、Pixel 7はメインと超広角カメラを搭載、Pixel 7 Proではそれに望遠レンズを追加。また、Pixel 6シリーズと同様に、無印では8GB、Proモデルでは12GBのメモリを搭載しているようです。

 外観に関しても異なり、Pixel 7 Proは無印と比べてベゼルが薄く、またパンチホールの穴のサイズも小さいとのこと。また本体サイズでは、いずれのモデルも幅が僅かに広くなり、Pixel 7では10g、Pixel 7 Proでは1g重くなっているようです。

 ただ、まだわからないことも多く、不具合が非常に多く評判の悪い指紋センサーが改善されたのか、また顔認証に対応するのかといったことも不明。

 これまでのリーク情報によれば、Pixel 7 Proは高精細な1440pディスプレイを搭載しながら、バッテリーの消費を抑えるために1080pモードで動作できるモードを用意しているとのこと。

 また噂されたところによると、Pixel 7シリーズは10月上旬に発表が予定されているようです。Pixel 6シリーズで問題となった様々な不具合が、どれほど改善されるか気になるところです。