Amazfit Band 7 国内発売。画面大型化、18日間持続のスマートバンド すまほん!!

 株式会社アースリボーンは、同社が正規代理店を務めるAmazfitの新製品「Amazfit Band 7」を国内向けに発売すると発表しました。

 Amazfit Band 7は、前作Amazfit Band 5から112%大型化した1.43インチAMOLEDディスプレイが特徴。解像度は198×368(282PPI)。より操作しやすくなっています。

 ウォッチフェイスは50種類以上あり、常時表示にも対応。好きな写真に設定することもできます。

 120種類以上のスポーツモードを搭載。GPSには非対応のため、ルートを記録するにはスマホと接続している必要があります。最大50mの水圧に耐えられるため、水泳の記録も可能。

 健康データの24時間モニタリングは心拍数、血中酸素、ストレスレベルに対応します。異常な値が出た際は警告を表示。月経サイクルのトラッキングも可能。

 Amazfit独自機能「PAI」を搭載。日常的な活動も健康スコアとして記録し、1週間のスコアが100以上になることを目指します。

 Amazonの音声アシスタントAlexaにより、声でアラームの設定や検索などを行えます。アップデートで対応予定。その他、アプリ・着信・SMS通知やToDoリストなどの機能を搭載。

 豊富な機能を搭載しつつも、標準的な使用で最大18日間のバッテリー持続を実現。価格の近いHUAWEI Band 6、Xiaomi Band 7、OPPO Watch Freeはいずれも14日間なので、かなり長めです。省電力モードを使えば最大28日間。

 カラーバリエーションはブラックとベージュの2色。他の色の国内発売は未定とのこと。価格は7980円で9月16日に各ECサイトや公式サイトで販売が開始されており、Amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングでは現在1000円OFFクーポンが利用可能です。実店舗での発売は10月を予定。