XR分野で頑張る米ディズニーさん、海外向けのスマホアプリでAR機能強化 すまほん!!

 ディズニーが、ディズニーランド向けのスマホアプリの更新を発表しました。フロリダ州で営業中の、ディズニーのテーマパーク「ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート」で、アプリからAR機能が使用可能になっています。

 同リゾートは、ディズニー傘下のテーマパークのなかでも最大の規模を有する施設。

 「ディズニー・ハリウッド・スタジオ」や「ディズニー・タイフーン・ラグーン」など複数のエリアに分かれており、映画「アバター」のアトラクションや、「空飛ぶダンボ」といった、ディズニー関連の様々なコンテンツを楽しむことができます。

 ARフィルターの導入は、ARSNSアプリ「スナップチャット」を手掛けるSnap社との提携で実現。海外メディアXR Todayによると、フォトパスのARバージョンなどが利用可能。

 また、有料サービス「Disney Genie+」に加入すると、ソーシャルメディア向けに独自のAR対応ストーリーを作成できるとのこと。こういうのって、やっぱ観光客ウケするんでしょう。

 ディズニーは最近XR分野への攻勢を強めており、現在「メタバース」戦略を進めているとロイターなど海外メディアなどが報道。「次世代のストーリーテリング」を目標にするらしく、顧客に合わせたコンテンツの提供する構想だそうですよ。

 Oculus(あ、今はMetaでした)Storeでは、スターウォーズのゲームが何作か配信中ですが、ディズニー本体の作品はほぼありません。

 Quest 2は海外だと若い層にも結構浸透し始めているらしいので、ここでディズニーが本腰を入れれば、更に伸びが加速するかもしれませんね。その辺、値上げしちゃったのが残念ですが。