iPhone 5は1136×640のワイドディスプレイを採用!?iOS6にて対応が確認!

 画面ワイド化の噂は本当かも!?

 以前からiPhone 5はワイドな4インチディスプレイになる、といった噂は流れていましたが、これが裏付けされるかのようにiOS 6では1136×640ディスプレイに表示が最適化されているようです。

 9to5macによれば、iOS 6 エミュレータを噂されていた1136×640解像度で実行したところ、アプリ一覧が5行表示になったそう。また、解像度を1136×640に指定した場合のこの5行表示はiOS 6以前では行われず、従来通りの4行アプリ一覧が無理やり引き伸ばされてしまうとのこと。少なくともAppleがiOS 6を採用したワイドなiPhoneを試作していることは間違いないようです。

 もしもiPhone 5のディスプレイがワイドになるのであれば、今までワイドな動画や写真を表示するときに発生していた黒帯が解消されるため、マルチメディアを楽しむユーザーにとっては嬉しい変更点なのではないでしょうか。

 また、数日前にシャープがiPhone 5用の液晶ディスプレイの生産を開始した、ととんでもないお漏らしをしていますが、シャープが製造するということは、省電力で高精細な表示が可能なIGZOを採用したディスプレイなのかもしれません。

 続報に期待したいところです。

source : 9to5mac