これが本当の「ダブルLTE」? 日本通信、KDDIとSBに対して相互接続を申し入れへ

 日本通信は、KDDIとSoftBankに相互接続を申し入れたことを明らかにしました。

 日本通信はMVNO事業者として、既にNTT docomoのネットワークにレイヤー2の相互接続を行い「b-mobile」を展開しています。

 KDDIとSoftBankにもレイヤー2接続できれば、利用できる帯域が増えます。たとえばSoftBankとE-MOBILEの「ダブルLTE」のように、複数キャリアのネットワークを掴む、非常に広範囲のエリアをカバーできるサービスを提供できるなど、大きなメリットが考えられます。

 もしうまくいって、将来的にSoftBank 4G LTEとau 4G LTEを両方使える、夢のサービスがb-mobileから出てくるなんてことがあったら面白そうですね。KDDIとSoftBankがどのようなリアクションをするのか、楽しみなところです。

情報元:日本通信

この記事にコメントする

comments powered by Disqus