iOS6.1.3は脱獄不可に。しかも新たなパスコードロック迂回方法が発見される。

 iOS6.1.3アップデートの配信が始まりました。脱獄(JailBreak)ツール「evasi0n」が利用する4つの脆弱性を含む、6つの穴が修正されました。これにより、iOS 6.1.3で脱獄はできず、現在iOS6.1.2が脱獄可能な最終バージョンということになります。

 ただ、そもそも脱獄とは、セキュリティの穴を突くものなので、修正される方が安全に使えるということではあります。

 同じくセキュリティの穴として話題のパスロックコードを迂回できてしまうバグも、iOS 6.1.3で修正されたものと考えられていました。

 しかしこの動画をご覧いただければわかるように、実際には完全に修正しきれていません。

  やはりiCloudによる、データの遠隔削除などを利用できるよう、普段から自衛しておくしかないようですね。

情報元:Pocketnow, Engadget

この記事にコメントする

comments powered by Disqus