アップル、iOS6.1.3の配信を開始。例の「パスコードロック迂回」の不具合修正へ

 iOSの最新バージョン6.1.3が正式にリリースされました。

 開発者向けには既に配信されており、ロック画面のパスコード入力を回避できてしまうバグが無事に修正されています。

 マップにも修正が加えられているとされており、交差点や高速道路の詳細などが改善しています。マップデータに関しては先週更新が行われており、iOS6.1.3以外でも地図の表示がまともになっています。詳しくはこちらの記事をご覧下さい。

 iPhone単体でアップデートするには「設定」→「一般」→「ソフトウェアアップデート」から実施できます。もちろんiTunesと接続してアップデートすることも可能です。

 こういったバグはiOSに限ったものではなく、サムスンのGALAXYシリーズにも確認されており、パスコードロックは万全ではない、各自で自衛が必要であるということでもあるのかもしれません。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus