アップル、iOS6.1.3 β2を開発者にリリース。ロック画面のパスコード迂回バグ修正、延期されていた純正マップ機能強化など重要な内容に

 アップル社が、開発者向けに「iOS 6.1.3 beta 2」をリリースしました。

 ロック画面のパスコードを迂回できてしまうバグの修正が含まれているので、大切なアップデートとなりそうです。

 また、Appleの純正マップにおける日本の地図について、特に大幅な強化が盛り込まれています。「iOS6.1.1 Beta1」において盛り込まれていたものでしたが、他の修正項目が多岐に渡るため、地図強化はこれまで延期されていました。やっときたか、という感じです。

 内容については、高速道路を優先し、地図を見やすくし、日本語の発音が流暢になり、東京の建造物が3D表示化、地下鉄・駅ビル・信号が表示されるようになるなど、非常に大規模なもの。豪州警察に命の危機があると言わしめ、アイスランド国防大臣に懸念を表明させ、ティム・クックに謝罪させたほど出来に問題のあるiOSの地図ですが、少しばかりはマシになりそうです。

 ついでにバッテリーの持ちもよくなると嬉しいんですけどね。iOS6.1.3の一般向けリリースが楽しみです。

情報元:9to5mac

この記事にコメントする

comments powered by Disqus