速報:Yahoo!ジャパン 148万人分のパスワードが流出した可能性

 NHK News が2013年5月23日 20時56分に報じたところによると、Yahoo ジャパンは17日に発表した2200万人分のIDの他に148万人分のパスワードが流出した可能性が高いと発表したことがわかりました。

 これを受け、Yahoo!ジャパンでは、パスワードが流出した可能性の高い利用者に対し、パスワードの再設定を呼びかけています。

 23日に流出が新たに発表されたのは「不可逆暗号化されたパスワード」と「パスワードを忘れてしまった場合の再設定に必要な情報の一部」の二点です。

 同社のサービスは日本で広く利用されており、ヤフーメールやヤフオク!といったサービスも広く利用されています。

 この事件を受け、フィッシング詐欺が発生することも予想されるため、パスワードの再設定を促す偽のメールやURLに注意を払う必要があります。また、ヤフーは性質上シニア層の利用者も多く、パソコンやスマートフォンに不慣れな方が攻撃の対象になる可能性が高いため、普段パソコンを使わない家族がフィッシング詐欺の被害に遭わないよう注意を払う必要もあります。

 もちろん、IDとパスワードを複数のサイトにまたがって併用している利用者もYahoo!のパスワードを変えたところで、ほかのサービスに不正アクセスを受ける可能性があるため、心当たりのある方は、パスワードを変更するとともに、複数のサービスでパスワードを共用しないようにしましょう。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus