好調の夏モ「ツートップ」販売台数 ― 「GALAXY S4」は32万台、「XPERIA A」は64万台

 NTTドコモは18日、株主総会を開催しました。夏モデルから開始したツートップ戦略により、2013年度のスマートフォン販売数は1600万台を目標とする考えを明らかにしました。

 このツートップ戦略が功を奏した結果が、SAMSUNG「GALAXY S4 SC-04E」の販売台数32万台、そしてその2倍となるSONY「XPERIA A SO-04E」の販売台数64万台であると自信を見せました。発売から2ヶ月半で63万台を達成した「XPERIA Z SO-02E」や「GALAXY S3 SC-06D」のペースをそれぞれ後継機が上回る形となります。

 一方質問において、個人的な信条により特定の海外メーカー製品を使いたくないと述べる株主に対し、NTTドコモはメーカーを選別しているわけではなく、あくまでも商品力を重視してユーザーに選びやすい環境を整えているという立場を説明しました。

情報元:ITmedia Mobile

 

この記事にコメントする

comments powered by Disqus