フィーチャーフォンからも乗り換えやすい「URBANO L01」レビュー

 スマートフォンとしては2番目の「URBANO(アルバーノ)」ブランドのモデルとなります。京セラの「DIGNO S KYL21」をベースとして開発されたKDDI向けのモデルで、特に緑色のカラーリングは従来のURBANOシリーズを彷彿とさせます。

 画面を振動させて通話をしっかり聞き取れる「スマートソニックレシーバー」も健在。カラーバリエーションは緑、白、青、黒。ディスプレイは4.7インチHD液晶。

 特筆すべきは、着脱可能のバッテリーでしょうか。秋には非接触充電対応版が単体で発売予定なので、いくつかバッテリーを充電、携行し、切れたら入れ替える(通称:マガジンリロード)が捗りそう。SIMカードはiPhone5と同様のnanoSIMカード。このあたりは非常にマニアック。

 ただ基本的にはフィーチャーフォンからの乗り換えを意識した作りです。特にUIには細心の注意が払われており、Android標準のホーム画面とは別に、フィーチャーフォンのユーザーでも自然に扱える「エントリーホーム」が利用可能となっています。メニュー表示の切り替えも可能。

 よく使う機能が、フィーチャーフォンのように選びやすく配置されています。もちろん、それでいて全てのアプリの起動も可能です。

 エントリー向けのスマートフォンながら、OSにAndroid 4.2(Jelly Bean)を採用。購入者の層を考えてスペックを下げすぎたということもなく、良くも悪くもスペックは凡庸。実行用メモリや内蔵ストレージが足りずにアップデートできない、セキュリティの更新ができない、といった危険性は低そうなので、身の回りの購入層の方に安心してすすめやすい機種でしょう。

ディスプレイ   4.7 インチ(HD) 
 CPU Snapdragon S4 Plus
MSM8960 1.5 GHz (デュアルコア)
RAM  2 GB 
内蔵フラッシュメモリ  16 GB 
 カメラ 1300 万画素
 Wi-Fi IEEE 802.11 a / b / g / n
 バッテリー容量 2700 mAh
サイズ  71 ×135 ×10.5 mm
重量  約140 g
その他  おサイフケータイ、赤外線通信、ワンセグ、防水防塵

 6月21日(金)より順次発売となります。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus