中国「感電死」問題に新展開――アップル、日本でも「電源アダプタ回収プログラム」を開始。

 Apple社は、iPhone / iPad / iPodの非正規品のUSBアダプターを無償回収する「USB 電源アダプタ回収プログラム」を開始します。

 これは中国にて、iPhone用の非正規のUSB電源アダプターが原因で感電、心臓が停止したり、死亡するといった事件が相次いだことによるもの。こうした事件はAppleの純正品ではなく、質の悪いコピー商品の充電器を使ったものだろうと専門家により指摘されていました。

 中国などで行われることが発表されていた回収プログラムでしたが、中国以外の国も対象となり、その対象に日本も含まれることになったということです。

 日本での回収プログラムの開始は2013年8月16 日から。Apple直営店またはAppleサービスプロバイダにて、非純正品のアダプターを回収してもらえます。アダプターは環境に優しい形で処分されます。

 また、回収されたアダプターの代用品として、純正品のUSBアダプターを特別価格1000 円(税込) にて、最大1個まで購入することが可能となっています。

 Appleの純正品を使えば安心であることは間違いないものの、純正品の価格の高さがネックだった、という人も多いのではないでしょうか。回収プログラムの期間は2013年10 月18日までとなっており、利用中の電源アダプターに不安のある人は、これを機会に純正品に取り替えるのもひとつの手かもしれません。 

情報元:Apple

この記事にコメントする

comments powered by Disqus