Koboの新型「Kobo Aura」が発表。フラットスクリーンでデザイン性が向上 すまほん!!

 楽天の子会社であるカナダの Kobo は同社の電子書籍リーダ Kobo の新モデル“Kobo Aura”を発表した。デザインやディスプレイの品質が改善され、ベゼルとディスプレイとの段差がない「フラットスクリーン」が特徴だ。

フラットスクリーン

kobo_aura_001

 

 Kobo Aura の最大の特徴はフラットスクリーンでベゼル(枠)とディスプレイの境界の凸凹をなくし、デザイン性と操作性の向上をはかっている。

 筆者が所有している Kobo glo では、ベゼルとディスプレイがフラットでないため、ディスプレイに影ができることがあった。この点では、適切な改善と言える。

デザインの向上

kobo_aura_002

 Kobo シリーズのデザインはお世辞にも格好いいと言えるものでなく、ニッチ製品の臭いがしていた。その点、Kobo Aura ではデザイン性が向上し、普段持ち歩いても恥ずかしくない仕上がりになっている。

 価格は12,800円と従来のKoboシリーズと比較すればやや高価。発売は12月下旬となっている。

情報元: 電子ブック楽天<kobo>:最新機種 電子ブックリーダー Kobo Aura 予約販売開始

こんな記事も読まれています

サムスン、次期「Galaxy S21・S21+」でついに「エッジディスプレイ」廃止か?フラットディスプレイ回帰の可能性

Galaxy Note20 Ultra、落下テストで約1.5mからの落下に10回耐える

復旧:Twitterに障害発生

Appleの発表会、11月11日に開催決定。Apple Silicon関連か