広がるMVNOの選択肢!! IIJ mioが音声通話事業に参入。パケットの容量上限も引き上げ

 IIJ mioは3月13日より従来のデータ通信プランに音声通話機能がついたSIMカード(愛称:みおふぉん)の提供を発表しました。

miotop_mv_01

 最安値となる音声通話付のミニマムスタートプランでは、音声通話と1GBのモバイルデータ通信込みで月額1,900円。通話料金が20円/30秒(税別)で請求されます。

 併せて週刊アスキーが報じたところによると、MNPも可能で利用月に応じた違約金は発生するものの転出も可能。転入も4月の中旬からの提供を予定しています。

 既存のプランにも4月1日から改訂が入り、音声通話を必要としない従来の「ミニマムスタートプラン」ならびに「ファミリーシェアプラン」では 利用可能なパケット通信料が上がり、「ミニマムスタートプラン」では上限が500MBから2倍の1GBへ「ファミリーシェアプラン」では、2GBから3GBへと増量となり、今まで以上にデータ通信が可能になります。

 また「ライトスタートプラン」でも、直近3日のデータ通信料制限が従来の120MBから366MBまで引き上げられたので、比較的ゆとりをもって利用できそうですね。

 IIJがこれまで提供していたプランでは (500MB/約900円)なっており、競合他社のOCN(1GB/1260円)や日本通信(600MB/900円)と比較して、割高感は否めませんでした。

 今回の改訂により他社に引けをとらない価格設定となりました。筆者自身もIIJのミニマムスタートプランを利用していますが、docomoの通信網はカバーエリアも広く安定した回線を利用できるので、MVNO事業者を選定している方には朗報となるかもしれませんね!

(編集・校閲: 高橋ノゾム)

この記事にコメントする

comments powered by Disqus