docomoのデータ回線にiPhone5sを持ち込み機種変更した話

 先日、都内のドコモショップで、持ち込み機種変更の手続きをしました。目的は、自分の回線のmicroSIMカードを、iPhone5sで使えるnanoSIMカードに交換してもらうためです。SIMカッターを使うのも一手ですが、今回は正規の手続きを踏むことにしました。

iPhone5sとSIM

 店頭で、iPhone5sを使えるようSIMカードを交換して欲しい旨を伝えると、iPhoneがSIMフリー版であるかdocomo版であるかを確認し、すぐに手続きを始めてくれました。しばらくして、店員さんが代理店サポートに電話を掛け始め、驚くべき発言が飛び出したのです。

 「データプランではiPhoneをご利用頂けません。音声プランに変更して頂く必要があります」

 確かに、docomoでiPhoneを利用する場合は、原則として『タイプXi にねん』+『Xiパケ・ホーダイ for iPhone』+『spモード』の組み合わせになりますが、他のパケット定額プランやデータプランを利用することも可能です(月々サポートの維持も可能)。また、『spモード』にはIMEI判定による利用端末の制限がありますが、『mopera』やデータプラン自体には制限がなく、SIMフリー端末でも使えることになっています。

 この点について指摘したものの、店員さんはピンと来ない様子。そもそも『spモード』にIMEI制限があること自体を知らないようでした。そこで、機転を利かせて、

 docomoはSIMフリー端末を受け入れているが、このiPhoneが【技適つきのSIMフリーなnanoSIM端末】だったら、どういう手続きになるのか

 と聞いてみました。すると、動作は保証できないがSIMカードの発行はできる、とのこと。最初からそうしてくれよ、と思いつつ、手続きを進めてもらったところ、ISPとして『spモード』が付いていました。IMEI制限のため、SIMフリー端末では『spモード』を利用できませんが、この辺りもよく分かっていないようです。

 今回の一件を通して感じたことは、SIMフリー端末の受け入れを謳っていても、店員さんの教育が不十分では全く意味がない、ということです。SIMフリー端末向けの標準プランが用意されていないのも、店員さんがspモードのIMEI制限を知らないのも、いかがなものかと思います。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus