iPhone 4、アップデート打ち切り

スクリーンショット 2014-06-03 02.50.25

 AppleはWWDC14で、iOS 8配信の対応ハードウェアを発表しました。それによると以下の計11機種がアップデート対象になることがわかりました。

  • iPhone4S
  • iPhone 5
  • iPhone 5c
  • iPhone 5s
  • iPad 2
  • iPad 3rd
  • iPad 4th
  • iPad Air
  • iPad mini
  • iPad mini Retina
  • iPod touch 5th

 今回、iOS 8へのアップデートが打ち切られることがわかったのは、上記リストに名前のないiPhone 4です。

 iPhone 4は、2010年6月7日のWWDCで発表されました。4年前の同時期のライバルとなるAndroidスマートフォンは、Android1.6や2.1を搭載して発売されていますが、当時の国内販売機種は積極的にアップデートされていなかったり、海外版はアップデートされたはいいものの、動作が緩慢だったりという問題もありました。

iphone 4

(右:2011年発売のXPERIA acroは、Android2.3.3から2.3.4にアップされたのみで終了)

 一方でiPhone 4は、出荷時はiOS 4を搭載していましたが、後にアップデートを繰り返し、iOS 6でも頑張って動作。GPU処理がより必要なiOS 7でも、iPhone 4向けは一部エフェクトを変えることでアップデート後も無事に動作していました。

 おそらくこれを超えられるスマートフォンは(ハッカーたちから溺愛されているHD2のような機種を除いて)存在しないのでは、と思います。4年間、本当によく頑張った機種だと思います。

WWDC14の関連記事 / OS X Yosemite / iOS 8の最新情報

この記事にコメントする

comments powered by Disqus