コンビニでチャージできる訪日客向けSIMカード「COMST T-SIM」、全国および海外8ヶ国で本日発売。

img_49012_1

 ドコモなど大手キャリアの代理店としてショップを展開している兼松コミュニケーションズ株式会社は、MVNO事業への本格的参入を表明。プリペイド方式のデータSIMカード「COMST(コムスト) T-SIM」を発売することを明らかにしました。プランは3つ。SIMカードは標準、microSIM、nanoSIMを選択可能。

   日額プラン 1GBプラン  3GBプラン 
販売額   3980円  3980円  6980円
 利用可能期間  利用開始日から31日間
(=1日あたり税込65円)
 利用開始日から最大30日間  利用開始日から最大90日間
継続利用の場合、
次回以降のチャージ単位
 2000円  2000円 5000円

 全国および海外8か国で、7月28日から販売開始となります。総務省が現状に合わせて海外端末の技適運用を改めることで、「グレー」扱いの外国人向けのサービスが、訪日客向けとして堂々と展開されつつあります。

 チャージはファミリーマート、ローソン、ミニストップ、スリーエフ、サークルKサンクスなど全国3万店舗のコンビニで対応。さらにクレジットカード不要で利用可能であることから、外国人はもちろん、クレジットカードや銀行口座を持たない若年層や未成年者向けにも訴求できるとしています。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus