「BlackBerry Z10」レビュー

DSC00647_R

 今となってはなおさら、日本では縁のないBlackBerryですが、Z10を数日間利用する機会があったので簡単にレビューしておきます。海外ではZ30が出ているので今更感がありますけどね。

 従来の物理QWERTYを備えたBlachBerry OS 7までとはソフトウェアが刷新された、BlackBerry 10を搭載した、BlackBerry Z10です。

DSC00660_RDSC00663_R

 横幅が広く、キーボード中心のデザインから打って変わって、操作もデザインもタッチパネル中心に。4.2inchディスプレイを搭載しており、サイズ的にはiPhoneよりも若干大きいぐらい。今となってはHTC Oneそっくりに見えますが、M7よりBlackBerry Z10の方が先です。

 基本的な操作方式はこちら。バックキーとマルチタスクが操作の中心です。HTC One M7のデザイン、バックキー・ホームボタンの変則的な配置、アプリ起動履歴のUIを見て、HTCの開発者は多分Z10を相当気に入ってるんだろうなあと思って見ていました。実際UIデザインはチャレンジングで好きです。そういえば左から右フリックで戻るという、今となってはiOS 7でお馴染みの操作も、OSレベルで初めて採用したのはおそらくBlackBerryが初でしょう。

 と、ざっくりこんな感じ。操作感だけでも面白いです。

 日本市場には程遠い存在になってしまいました。ただOS 10からはBIS縛りが無くなったこと、実はひっそり日本語入力に対応したことから、その気になれば……という機種でもあります。BlackBerry Classic / Passportなんて面白い機種も出ますから、海外ユーザーが羨ましいばかりです。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus