「カドカワ祭り。すまほん!! 読者が選んだ1冊はこれだ!!」デジほん22冊目

スクリーンショット 2014-10-07 20.58.35

 最大70%オフの割引が本日で終了する見込みの「キンドル角川祭り」本日の昼頃に突発的なアンケートを行ったものの、想像を超える回答をいただきましたので、その中から5つの回答を掲載します。アンケートにご協力いただきありがとうございました。

僕だけがいない街(三部けい)

僕だけがいない街(1) (角川コミックス・エース)

  SFサスペンスを軸に子供たちの友情や恋愛を描いた多層的な作品です。先の読めない展開にグイグイ引きこまれます。

(推薦者:britsさん)

 

 くまみこ(宮本ますめ)

くまみこ 1 (コミックフラッパー) クマをモフモフしたくなります。ファッションセンターしまむらに行きたくなります。
(推薦者:白豚さん)

 電子ロックやNexus7を使いこなすクマとSuicaも知らない人間。
(推薦者:suhamaHZKさん)

 シャーリー(森薫)

シャーリー 1巻 (ビームコミックス(ハルタ))

 昔ながらのメイドという職業、それをしっかりと務めるシャーリー・メディスン、そして美人で気立ての好い女主人のどこまでも癒されるお話です。
 清廉な空気に触れてメイドにヨコシマな感情を抱くことができなくなること請け合い! 
(推薦者:あだっちさん) 

 のんのんびより(7) (あっと)

のんのんびより 7 (コミックアライブ)

にゃんぱすー
(推薦者:宮内れんげさん)

(筆者注記) 公式のツイッターアカウントが指定されていましたが、ネタだと思います。

 

オイレンシュピーゲル (文:沖方 丁)(イラスト:白亜 右月)

オイレンシュピーゲル壱 Black & Red & White (角川スニーカー文庫) 舞台は擬体技術が発展した近未来のウィーン。
主人公たちは戦闘用義体を駆使してテロ組織と戦う警察組織の一員。特徴的なクランチ文体で描写される戦闘シーンの疾走感が読んでいて気持ちが良い。
 そして、そんなのどうでも良くなるくらい、心に問題を抱えた主人公たちがかっこ良い。そんなSFがほしい方はぜひどうぞ。(推薦者:ミンミンさん)

 以上5つの作品となりました。予定ではきもばの書評が掲載される予定でしたが、頂戴した原稿が長く、そもそもカドカワ祭りのセール外だったため、またの機会にご覧いただければと思います。

[追記]漫画の「Kindle化」に隠された秘話:鈴木みそ「ナナのリテラシー」が面白い!

この記事にコメントする

comments powered by Disqus