Xperia Z2はアップデートでほぼZ3同等に

xperia-z2-purple

 Sony Mobileは、Android初号機Xperia X10の教訓から学んだのか、精力的にOSアップデートを提供していることでユーザーからの信頼を積み上げています。最近では、Zを名前に冠した全てのXperia Zシリーズ(ZL2 / Z2aを除く)に対して、Android 5.0 Lolipopの提供を予告しています。

 Sony Mobileは国際版Xperia Z2Xperia Z2 Tabletに対して、Android 4.4.4へのアップデートを提供していますが、驚くべきことに最新のXperia Z3同然のソフトウェアとなっています。

 Bluetoothアンロックやスマート画面ロックといった最新機能に対応。通知バーのトグルスイッチタブのスワイプでの遷移や新たな編集用UIも実装されています。Android SDKをインストールしてPCのと接続するなど、手間の必要だった画面録画機能も、「スクリーンレコード」として端末単体で実行可能に。

2014-12-10 11.48.462014-11-12 08.34.23

 さらにPS4を遠隔プレイする「PS4リモートプレイ」、色調補正を従来以上に鮮やかに強調する「ダイナミックモード」、外部DAC接続を要しないハイレゾ音源の再生、mp3をハイレゾ相当にアップコンバートする「DSEE HX」など、アップデートでは対応しない・できないと考えられてきた、Z3の目玉機能も普通に使えるようになっているのが驚きです。

2014-12-10 11.54.572014-12-10 11.58.21

 機能の大半を制限して電池持続時間を飛躍的に拡大する「ULTRA STAMINAモード」にも対応。電話連絡は必要だが電池切れ間近という時や、災害時には重宝します。

2014-11-12 09.11.522014-11-12 09.13.30

 Xperia Z3の発表を見て、羨ましい機能がいくつかありましたが、Z2でも問題なく利用できます。これではZ3の立場がないので、フラッグシップモデルの投入サイクルを半年から1年に変更するというのも、納得のいく話です。

 アップデートが迅速に、長期間に渡って提供されるSIMフリーの国際版Xperiaに対し、国内キャリア版のアップデートは大きく遅れたり、キャリアの判断によって提供されないこともあるので、キャリア版のユーザーはいつも通り期待せずに待つのが肝要です。