Huaweiのフラッグシップスマートフォン「HUAWEI P9」を実際に使ってみて。オススメしたい5つのポイント

HUAWEI P9

 日本でも販売が始まったHUAWEI P9。スペックも高くデザインも綺麗であることから気になっている人はたくさん居ると思います。今回P9を暫く使ってみて、オススメな5つのポイントを紹介したいと思います。

1:高級感のあるデザイン

HHUAWEI P9

 フロントには縁の部分がラウンドしたガラス、背面はアルミとガラスの組み合わせにより、高級感のあるデザインに仕上がっています。またフレーム周りに施されてるエッジカットは、手に持った時に時に刺さったような感じはなく 、同サイズのスマートフォンでもかなり持ちやすい部類に入ると思いますね。

2:Leicaの技術を使用したデュアルレンズカメラ

HUAWEI P9

 Leicaの技術を使用し、カラーとモノクロのセンサーを搭載したカメラを搭載しています。この2つの組み合わせで、かなり綺麗に写真撮影が行えます。

T-SITE

 またモノクロセンサーを搭載したことで、白黒写真の撮影も行え、ノスタルジックな写真が簡単に撮影できる様になるので、以前よりも写真の幅が広がり、スマホのカメラを使う機会が格段に増えました。

3:キャリアグリゲーションで高速通信

キャリアグリゲーション

 キャリアグリゲーションに対応しており、下り最大262.5Mbpsの高速通信ができます。「MVNOの格安SIMは速度が出ないので意味が無いのでは?」と思われるかもしれませんが、キャリアグリゲーションに対応したことで、非対応のスマートフォンにより安定した通信ができていますね。

4:精度が高く使い勝手の良い指紋認証

HUAWEI P9

 Huaweiの指紋認証技術としては最新の第4世代となっており、指紋の溝の深さまで読み取るハイテクさで、手汗が付いているくらいであれば問題なく認識してくれます。

 背面の指紋センサーはジェスチャー操作にも対応しており、指をスライドさせることで通知センター下ろしたり、画像の送り戻しが出来たりすることが出来非常に便利です。

5:フラッグシップモデルにしてはお手頃価格

Amazon

 このHUAWEI P9、フラッグシップスマートフォンでありながらも、定価で6万円、Amazonなど一部ストアでは6万円を切る価格になっており、MNOから発売されている他者のフラッグシップスマートフォンと比較しても、かなりお求め安い価格になっています。

 

この夏ハイエンドスマートフォンを買うならオススメしたい

 以前のHuaweiのハイエンドモデルであるHUAWEI Mate Sは質感も良くスペックもそこそこで良かったのですが、価格が8万円程度と、SIMフリースマートフォンではiPhone並に高額な値段設定で買いにくい感じはありました。

 しかし今回HuaweiからでたP9は質感もスペックも非常に高く、更には価格も6万円前後であるなど、良い点が非常に沢山あります。筆者にとってはこの夏格安SIMデビューする人だけでなく、機種変更を考えているすべてのスマートフォンユーザーにオススメしたいスマートフォンだと思いましたね。

HUAWEI P9 SIMフリースマートフォン EVA-L09-GREY(グレー) 【日本正規代理店品】

この記事にコメントする

comments powered by Disqus