Galaxy Note 7、日本市場投入を中止。

galaxy-note_7

 世界中で発火事件を起こし、リコール・販売停止・生産停止に至ったGalaxy Note 7の影響が、国内にも出ています。

 NTT docomoの新製品発表会の質疑応答において、Galaxy Note 7に関する質問がありました。

 NTT docomoのラインナップを見るとGalaxy Note 7が無いが、なぜなのか、発火事件などとの関連があるのかという質問です。

 吉沢和弘社長は、Galaxy Note 7をラインナップに加えることは検討していたものの、海外での原因不明の発火事件を受けて、取り扱わないという判断をしたとのこと。サムスン側からも日本市場での投入を見送るという通達もあったそうです。

ph_sc01j

(ドコモ公式サイト内にあるsc01j.png)

 認証情報からはドコモ版Note 7となるSC-01Jのほか、au版となるSCV34の存在も確認されていますが、これも見送られることになると考えられます。公式サイトも削除されており、全社から取り扱われることはないでしょう。

 過去にはGalaxy Note NeoやTizen OS搭載機SC-03Fの国内市場投入がキャンセルされたこともありました。Galaxy Note 4 / 5は国内市場に未投入で、ここにきてGalaxy Note 7までも未投入となると、国内のNoteシリーズ愛好家にとっては苦境と言えます。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus