ソニー、カードゲームをハイテク化する「Project FIELD」発表。第一弾は妖怪ウォッチ

 SONYは、新しいカードゲームプラットフォーム「Project FIELD」を発表しました。

20161207-forwardworks-25

 「Project FIELD」は カードと専用パッドとゲームアプリから構成。専用パッドには位置検出センサー、IC読み取り装置、LED、Bluetoothが搭載されています。

 スマートフォンやタブレットにBluetooth接続し、パッド上にカードを載せることで、カードの種類/位置/向き/動きを読み取って、アプリ上にリアルタイムに反映されるという仕組みです。画面上には戦闘などの各種演出も表示されます。

20161207-forwardworks-24

 育成型ゲームにおいては、カード上のICチップにキャラクターの進化を記録するため、場所を変えて遊ぶ際にもそのキャラクターの状態で遊べるという、新しいカード体験を実現します。

 第一弾として、株式会社フォワードワークスが、レベルファイブ/バンダイとの協業で「妖怪ウォッチ」シリーズタイトルを開発中とのこと。

 カードゲームと言えば、ルールを覚えてカードを運用するという障壁がありますが、これなら覚える手間もかなり省けそうですね。ハースストーンやシャドウバースなど、スマートフォン上で気軽にプレイできるカードゲームアプリが多数存在している昨今、「Project Field」がどこまで食い込めるのか注目です。

 なお、開発者向けにSDK配布の準備も進めているとのことで、本製品にシナジーしそうなアイデアや野望を持っている人は今後も続報をチェックしておきたいところです。

img06_03