シャープ、監視ロボットを米国で発売。米大手警備会社も採用

 SHARPは、自律走行する車型監視ロボット「SV-S500」を開発。米国にて6月より販売開始しました。既に同国の大手警備会社U.S.Security Associatesに納入したとしています。

 

170703-a

 360度カメラにて、周囲を360度全方位常時撮影しながら、工場や倉庫、空港などの広い敷地内を監視。GPSで現在位置を確認しながら巡回ルートを時速5kmで自律走行。映像を監視ルームに常時送信します。

 さらに遠隔操作も可能となっており、搭載するスピーカーとサイレンで不審者に対して警告を発することもできます。

 高温や低温環境、降雨時にも利用可能。生活支援ロボットの安全性に関する国際規格「ISO 13482」の認証も取得したとのこと。

 米国以外の展開については語られていませんが、もしかすると近い将来、SHARP製のロボットが国内の様々な敷地を警備する光景も見られるようになったりするのかもしれませんね。

 SHARPはロボット型携帯電話「ロボホン」を始めとし、ロボット分野への開拓を進めています。今後の展開が楽しみなところです。