GalaxyでLinuxが動作。Samsung Dexで広がる可能性 すまほん!!

apps_dex_feature01_pc

 Samsungは、Galaxy S8 / S8+以降のデバイスにおいて「Samsung Dex」を利用可能にしています。端末をドックに挿すと、デスクトップ風のUIをHDMI経由でモニターに出力。キーボードやマウスといった周辺機器はBluetooth接続できます。

詳細:モニターにつなぐとパソコンに早変わりする「Samsung Dex」がコンティニュアムみたいでスゴイ

 これはあくまでAndroid OSをデスクトップ風UIに見せているだけに過ぎませんでしたが、Samsungは、これで本当にLinuxを動作させる「Linux on Galaxy」を発表しました。

dex-01

 まだ試用段階ではあるものの、主に開発者向けを想定。Galaxyスマートフォン内にAndroidとは別にLinuxディストリビューション用の領域を保持。それをドック「Samsung Dexステーション」を経由してモニター上に出力できます。つまりデスクトップ風ではなく、本当にデスクトップです。

 これにより、スマートフォンでは利用できない機能でも、Linux OS環境で動作するプログラムで利用できるものであれば、Galaxyデバイス上で使えるので、活用の幅が広がります。

 このほか、リッチなゲームコンテンツをSamsung Dexで動作させる試みも、複数のゲームデベロッパーと共に進めています。

0021

 具体的には、Super Evil MegacorpのVainglory、Game InsightのSurvival Arena、Eric FroemlingのBombSquad、NetmarbleのLineage 2 Revolutionなどとパートナーシップを締結。現在、これらのゲームはDeXに対応が進められており、PCモニターのフルスクリーンモードでゲームを楽しむことが出来るとのこと。例えばスクウェア・エニックスのFINAL FANTASY XV POCKET EDITIONは、今後数ヶ月でSamsung Dexに最適化されたバージョンが発表されるとのことです。

 Samsung Dexにより、今後Galaxyデバイスの活用の幅は大きく広がっていくことになるかもしれませんね。