Appleのガチャ規制、日本でも開始。パズドラやモンストなど

loot boxes

 Appleは、昨年12月にApp Store審査ガイドラインを改正。ガチャの排出率表記を義務付けました。より詳細な確率表記が求められています。

 先行して英語版のみ更新がされていましたが、日本語版のガイドラインも同様の内容へと改定されました。

スクリーンショット 2018-01-19 22.21.35

(App Store審査ガイドライン 3.1.1 App内課金)

 これまで、国内製のソーシャルゲームは、レアリティの大まかなカテゴリごとにしか確率を開示しておらず、アイテム個別の確率は秘匿されているものが多かったのですが、今回の改定を受けて、各ゲームが対応に追われています。

 ガンホーの「パズルアンドドラゴンズ(パズドラ)」やmixiの「モンスターストライク(モンスト)」も、ようやく個別確率を開示することを発表しました。

スクリーンショット 2018-01-19 22.25.19

(パズドラ:重要【レアガチャ】確率表示のお知らせ)

 モンストでは、さらにガチャで★3(銀卵)キャラクターの排出を廃止し、★4(金卵)以上のキャラクターのみ排出されるように変更するともしています。

スクリーンショット 2018-01-19 22.25.23

(モンスト:ガチャの「提供割合」表示および、ガチャでの★3(銀卵)キャラクターの排出廃止のお知らせ)