サムスンのキャンセルした幻の2画面スマホ流出。人工筋肉搭載7.3型スマホに繋がるか?

 有名リーカー萌萌的电教氏は、Samsungの「Project V SM-G929F」をリークしました。一見するとただのGalaxyです。

samsung-galaxy-x

 ところがヒンジが付いており、実は2画面となっています。同コンセプトであるMEDIAS WやZTE Axon Mを彷彿させます。

samsung-galaxy-x-4

 本機は既にキャンセルされており、実際に市場投入されることはないようです。UIやデザインから、2016年の端末であることが伺えます。端末の底部はGalaxy S6シリーズそっくり。

 特許、試作機展示などから登場が確実視されていたSamsungの折りたたみ端末は、有力リークサイトSamMobileが独占情報として、2016年に登場すると伝えていましたが、結局登場しませんでした。この2016年登場の端末はコードネーム「Project Valley」、型番「SM-G929F」として伝えられていましたので、今回の萌萌的电教氏の情報と一致します。つまりは幻となってしまった機体というわけです。

 では完全にSamsungが折り畳みスマホを諦めたかというと、そうではないようです。

 Forbesが報じたところによれば、Samsungは2019年初めに折り畳み有機ELディスプレイを搭載した「Galaxy X」を世界で初めて市場投入するとのこと。筐体・ヒンジには人工筋肉を採用し、開くと7.3インチ、閉じると4.5インチ相当になるようです。価格は200万ウォン(約20万円)になるのだとか。

samsung-galaxy-x

(画像出典: Concept Creator

 長年開発してきて、一時は挫折したと思われるSamsungの折り畳みスマホ。これだけの期間を開発研究に費やしてきたのだから、2画面になった時のUIや使い勝手も洗練されているのではと期待します。CES2019の正式発表を楽しみにしたいところです。

 Samsungの折りたたみ端末、実のところ毎年のように「もうすぐ登場!」「来年発売だ!」と噂される、狼少年的なところがありますが、そろそろ実際の製品を本当に見てみたいですね。

 ドコモがZTEに開発させていた3画面スマホも、どうなるかわかりませんから、尚更Samsungに期待したくなってしまうところですが、果たして?