AppleとGoogleが協力。スマホのBluetoothで濃厚接触を検出へ! すまほん!!

 AppleとGoogleが新型肺炎のパンデミックを抑えるソリューション創出で提携したことがわかりました。

 感染拡大を抑える上で濃厚接触の検出・追跡が感染防止対策に有効であると公衆衛生機関が提唱しており、世界で多数の主要な公衆衛生当局や大学、NGOが、オプトイン形式の検出・追跡技術を開発中であるといいます。

 こうした取り組みを推進すべく、AppleとGoogleはAPI / OSレベルのソリューションに共同で取り組むとのこと。

 Bluetoothを用いた仕組みで、iOSとAndroidで利用可能なソリューションにより、濃厚接触の可能性を検出。プライバシーを守りながらもソリューションを実装するとのこと。

Sponsored Link

 実装方法は2段階。公衆衛生当局が利用するアプリを利用するAndroid/iOS端末間で相互運用を実現するAPIを5月にリリース。これら公式アプリはApp Store / Google Playに展開。次に、今後数か月をかけて基盤となるプラットフォームに同機能を組み込むことで、より広範なBluetoothベースの濃厚接触の可能性を検出実現を目指すとしています。

 この手法はAPIよりも堅牢で、ユーザーがオプトインを選択した場合、より多くの人が参加できるといい、政府の保健当局といったより広範なエコシステムとの協働も可能であるとしています。

 プライバシー、透明性、同意が何よりも重要であることから、様々な関係者と協議して開発。第三者による分析を可能にするために、本取り組みに関する情報は公開することを前提にするとしています。