FeliCa非搭載スマホを激安でSuica対応にする方法 すまほん!!

 生活に欠かせない交通系ICカード。国内販売のスマートフォンでのおサイフケータイやモバイルSuicaへの対応はポピュラーで、最近はiPhoneのApple PayもSuicaに対応しており、皆さんも日々活用しているでしょう。

 しかし読者の皆さんには、国内スマホではなく、本当は海外機や変態端末で改札を通りたい!と思うユーザーも少なからず居るはず。

 私が安く簡単に、海外端末でSuica対応化している方法をご紹介します。「裸族(スマホケース非装着派)だが、とりあえず簡単にSuicaだけ使えればいい」という人向け。

Sponsored Links

個人的な海外機・変態端末「Suica対応化」術

最小限度のICカードポケット「Sinji Pouch」

 実際に愛用しているのがこれです。現時点で800円ほどで買えてしまいます。

 端末の背面に貼り付けることができます。中にICカードを格納可能。

 この方式だと、スマホのデザインをできるだけそのまま楽しみたい、少しでも軽量な方が良い、裸族派の人でも満足できるはず。プラスチックや金属筐体のスマホにつけていますが、剥がれたことはありません。

磁気干渉防止シートもあわせて使いたい

 しかしながら、こうしたICカードをスマホに密着させると、改札やレジで読み取りエラーが起きたり、NFCが誤反応したりすることも。

 そこで便利なのが、磁気干渉防止シート。これをスマートフォンとICカードの間に挟むだけ。

 海外機や変態端末をSuica対応にできて楽しいです。

問題点

 注意点としては、ガラス背面だと剥がれやすい点でしょう。

 前述の通り、背面素材がプラスチックや金属の機種なら全く問題なく、剥がれずに使えます。どうしてもガラスのスマホで使いたい場合は、別途保護ケースを用意して、そこに貼り付ける形になるでしょう。無駄に厚くなってしまいますが。

 また、所詮はICカードを挟んでいるだけ。筐体が分厚くなった割には、各種クレジットカードでiD / QUICPayにて非接触決済することもできませんし、nanacoや楽天Edyなどの電子マネーを使うこともできません。チャージするたびに、他の電子マネーのカードに切り替えるたびに、カードをいちいち取り出す……あまりにも面倒すぎます。おサイフケータイ / Apple Payの方が圧倒的に便利。

Sponsored Links

オマケ、その他の「Suica対応化」ソリューション

パスケース

 ストラップ穴orスピーカー穴のある保護ケース+パスケースという手もあります。

格納箇所付きケース

 ICカード格納可能な保護ケースという手も。ケースの幅は限られてしまいますが。

Garmin

 お値段は張りますが、GarminのSuica対応スマートウォッチを連携させるという手もあります。